webデザインを仕事にする上で覚えるべきこと

webデザインを仕事にするには、web制作会社に入社し企業などから外注されたwebデザインに携わるか、もしくはフリーランスでwebデザインを請け負うデザイナーとしてはたらくか、のふたつの種類があります。基本的にはまず会社で先輩デザイナーのもとアシスタントとして経験を積み、その後自社のwebデザイナーとしてはたらいてから独立する、というかたちが主流です。ですが、最初からフリーランスとしてwebデザインの仕事を請け負う人も多くいます。そうしてフリーランスでwebデザインの仕事を受注していくためには、webデザインする上で即戦力となる知識や技術を覚えることが必要不可欠。webデザインにすぐに生かせる、覚えるべき技術や知識にはどのようなものがあるのでしょうか。

webデザインに必要なソフトの使い方やプログラムの構築の仕方についての知識や技術を覚えるのは当然として、たいせつなのがデザインそのものの原則を覚えることです。なかには、まずグラフィックデザインという、webデザインとは直接関係のない分野に挑戦し、そこでデザインについてのノウハウを覚える、といった手順を踏んだ人も。ホームページをつくるのに必要なのは技術や知識ですが、見やすい・使いやすいつくりにするにはwebデザインについてのセンスが必要。スクールでwebデザインについて学ぶ場合客観的な視点がありますが、独学で勉強するときにはないので、あえて一見関係ない「デザイン」という観点からアプローチしてみるのをおすすめします。

現役デザイナーが直接教える新しいデザインスクールについて知る

PE:工務店向け集客ノウハウFXシストレ比較アフィリエイト相互リンクGetMoneyライブチャットランキング